研究開発

社外の自社研究開発課のような位置づけ

●共同開発

  • 研究開発は、会員が要望するテーマを元に会議で決める(理事会承認)

●ワーキンググループ(WG)を作り、各会員に役割分担

  • 研究開発テーマの内容によっては、
    計測や計算などは各社で行う・データの蓄積や統計母数を増やす

●大学など学術機関と産学連携

  • 識者の見識を踏まえ、より高度な計算やシミュレーションは大学と連携する

 

projects_2

少ない投資で成果を生む

projects_4●会員の月会費を原資として、研究開発費用にあてる

例えば・・・20社×10万円×12ヶ月=2400万円の原資
∴1社あたりの負担は120万円(1/20の負担)

同じ目的意識のビルダーの集まり・成功事例や情報共有

projects_3●本気で高性能住宅を普及させたい

※情報だけ欲しい、成果物だけが目的の入会はお断りしています