淡路SーZEHモデルハウス LCCM認定取得

淡路島S-ZEHモデルハウスとは、お客様の理想とこれからの住宅のあるべき姿をご提案する為にS-ZEH研究会にて企画・開発しました。超高断熱UA値0.28の断熱性能や薪ストーブ等の自然エネルギー、太陽光を利用した自給自足の家など、S-ZEH研究会のコンセプト「5つのやさしい」を体現したものをビルダー様やお客様に実際に体感して頂けるモデルハウスです。
%e5%a4%96%e8%a6%b34

今回、その淡路モデルハウスが2018年11月27日にLCCM認定を受けました。
CASBEE-戸建の環境効率(BEEランク&チャート)でSランク★★★★★  ライフサイクルCO2(LCCM)で☆☆☆☆☆
それぞれで最高レベルの評価を受けることができました。

では、LCCM住宅とはなにか?(環境省が発表しているものです)
book1_01

LCCM住宅認定を受けるために必要なもの、CASBEEとは?
IBEC(建築省エネ機構)が運用している「CASBEE-戸建」は、戸建住宅の設計内容に基づいて総合的な環境性能を評価するツールで、CASBEEの目的としては「現在、戸建住宅は毎年約40万戸建設されており、これらがより良い住環境を提供し、長く使われ、省エネルギー・省資源に配慮されることにより、住生活の質を向上させ、日本全体の環境負荷を削減することにつながります。CASBEE-戸建のねらいは、このような優良な住宅ストックを増やすことにあります」とあります。

そのCASBEEでは何を評価するのか?
環境品質・性能(QH)が高いことを評価する
•QH1 室内環境を快適・健康・安心にする
•QH2 長く使い続ける
•QH3 まちなみ・生態系を豊かにする

環境負荷(LH)を低減する取り組みを(LRH)※で評価する
•LRH1 エネルギーと水を大切に使う
•LRH2 資源を大切に使いゴミを減らす
•LRH3 地球・地域・周辺環境に配慮する

評価項目は、全6分野合わせて46項目から構成されており、それぞれの項目について5点満点で採点します。採点実施後、[環境品質(QH)/環境負荷(LH)]により戸建住宅の環境効率(BEEH)を求め、これに基づき総合的な環境性能の格付け(赤星によるランキング)をおこないます。また、ライフサイクルCO2の評価結果に基づく格付け(緑星によるランキング)も同時に行います。

その評価内容がこちらです
casbee_01
この評価の結果がそれぞれで最高レベルの評価を受けることができたということです。